乳酸菌サプリおすすめランキング

  1. 乳酸菌革命

  2. 善玉元気

  3. ラクトプランL-137

乳酸菌とは何か

■腸内細菌の区分と乳酸菌

人間や動物の腸は、栄養素を吸収するために重要な臓器です。この腸内には、様々な種類の菌が共生しており、長年の研究からこの菌は人間の健康に対する作用から善玉菌と悪玉菌と日和見菌に分類されています。 悪玉菌は腸内で腐敗物質を生成し、人体に悪影響を及ぼす菌類です。一方の善玉菌は、悪玉菌の増殖を抑制し、腸内を健康に保ち身体の細胞に活力をもたらす菌で、その善玉菌の代表が、乳酸菌とビフィズス菌です。

■乳酸菌の働き

乳酸菌は善玉菌の代表で、人体を健康に保つために重要だと先に記載しましたが、もう少しその働きを詳細に見てみましょう。乳酸菌は①病原菌の腸内への侵入を阻止し、②悪玉菌の増殖を防ぎ、③腸内運動を活発化し、④人体の免疫機能を刺激して体調を調整すると言った働きがあります。 また、乳酸菌の種類によっては免疫力の強化、便秘の解消、アトピー性皮膚炎の軽減、花粉症予防、血糖値の上昇抑制、高血圧の予防、コレステロール値の低減効果など、具体的な症状に有用性を発揮する種類も発見されています。 便秘などで腸内環境が悪化すると、悪玉菌が増えてしまい、身体の不調の原因となってしまいます。こうした事を防ぐためには、乳酸菌を食品や様々な方法で摂取して腸内の乳酸菌を強制的に増やし、悪玉菌の増殖を抑えてやる事が必要となります。

■ヨーグルトで乳酸菌を摂取する方法

乳酸菌を摂取する方法として良く知られているのが、ヨーグルトを食べる事です。ヨーグルトに含まれる乳酸菌にも、重視する効能などの違いで、多種多様なものがあります。また、ヨーグルトの粘度を下げて飲むヨーグルトとしてより摂取しやすくした商品も沢山市販されています。さらに最近では、ヨーグルトの酸っぱさが苦手な人も簡単に摂取でき、またより手軽に摂れるように、チョコレートに含有させた商品も販売されています。 こうしたヨーグルトなどで経口摂取する乳酸菌は、元々腸内に善玉菌として存在する乳酸菌とは異なるため、むやみに一度に大量に摂取するのではなく、一定量を一か月以上の長期間摂取し続ける事が効果的であり、メーカーの推奨などを参考に摂取される事がお勧めです。

■ヨーグルト以外で乳酸菌を摂取する方法

乳酸菌を摂取する代表であるヨーグルトは、動物性乳酸菌と呼ばれ、それに対して味噌、醤油、納豆などの大豆の発酵調味料や食材、さらに酵母パンやお茶にも乳酸菌は含まれており、こうした植物性乳酸菌を摂取する方法もあります。 その他に、効率良く乳酸菌を摂取する方法としてサプリも多数市販されており、また医薬品である整腸剤にも乳酸菌を含んだものが多数あります。 こうしたサプリなどでは、経口摂取後に通過する乳酸菌にとっては過酷な環境である胃を通過し、腸に上手に到達できるように様々な工夫がされています。これは乳酸菌が腸に到達し、腸内で増殖して善玉菌の不足を補うためには重要なポイントであり、より優れた乳酸菌の開発と共に、サプリメーカーが工夫を凝らしているポイントでもあります。

乳酸菌ならではの整腸作用

乳酸菌は腸内を酸性に保つ

乳酸菌は整腸作用に優れています。ビオフェルミンなどの整腸剤も乳酸菌で作られていることからみても、如何に整腸作用が優れているか分かります。何故、乳酸菌が整腸作用に優れているかと言えばそれは、乳酸や酢酸を作り出し腸内を酸性にする働きがあるからです。

善玉菌は保護し、悪玉菌と呼ばれるような、発がん性を伴うものや食中毒の誘発につながる活動を、乳酸菌が腸内を酸性にすることで抑えることができるのです。更に乳酸菌が生成する酸性物質は、悪玉菌を死滅に導くだけでなく、腸内の悪玉菌が作り出した発がん性を伴う有害物質に吸着して、排便時に排出する事も分かっています。また乳酸菌が乳酸や酢酸を作り出すことで、腸内に刺激をもたらし蠕動運動を起こし便秘を改善してくれます。いかに乳酸菌が整腸作用に関わっているのかわかると思います。

乳酸菌は腸内にも生息していますが、外部からも摂取可能なので、腸内の酸性を目指して、多くの乳酸菌を食事に取り入れていきましょう。動物性乳酸菌は乳製品からしか摂取できませんが、植物性乳酸菌は多くの野菜や穀類から摂取できます。カロリーなどが気になる場合には、植物性の乳酸菌を多く食べて、腸内を酸性に保ち整腸作用が
滞らないようにしたいものです。ぬか漬けなどには植物性乳酸菌がたっぷり含まれていますから、季節の野菜をぬか床に漬け込んで、バリエーション豊かな食卓を彩ってみてください。

乳酸菌は腸内の腐敗を抑制する

悪玉菌が優勢になり、善玉菌を凌ぐ勢いに乗じると腸内に残っているものを悪玉菌はあっという間に腐敗させていきます。腐敗することで便は有害物質を出すようになります。便秘が続くときに、おならが異様に臭い事があると思いますが、そのとき腸内では悪玉菌が腐らせた便が絶えず有害物質を腸内に排出しています。そんなことが続けば腸内環境がひどくなり最後は大腸がんにまでなる恐れがあります。

なんとしても整腸作用のある乳酸菌で悪玉菌を押さえ込みたいものですね。乳酸菌が生成する乳酸は腸の中を弱酸性に保つことで知られています。酸性の中では悪玉菌は
増殖することが、ほぼ不可能になります。悪玉菌が押さえ込まれると腸内の腐敗がストップして、善玉菌が増えていきます。乳酸菌には例えば酒類にも含まれているものがあります。晩酌のというのは、寝る前に腸内を酸性にして、腸内腐敗を防ぐという意味もあるのです。

乳酸菌はビタミンBを作り出す

乳酸菌が整腸作用に良いと言われるのには、まだ他にも理由があります。じつは乳酸菌は腸内で自らビタミンを作り出しています。多様なビタミンを生成しますが、中でも一番多く生成するのがビタミンB群なのです。このビタミンB群は、糖分をエネルギーに変える役割があり、細胞を動かすのに欠かせないものです。また乳酸菌はビタミンB群だけではなく、ビタミンKも生成します。

ビタミンKは、血液をサラサラにする役割があります。血液の流れが良くなると、代謝機能も向上し、免疫力もアップします。そうすることで、腸内環境を良くして、整腸作用に一役買うのです。ビタミンが不足すると、肌が荒れますが、これは腸内環境に問題があってのこと、という場合も多く見られます。乳酸菌が悪玉菌によって増殖できない環境になれば、ビタミンを生成できません。

大人ニキビの原因のひとつにもなるので、整腸作用を高めて乳酸菌が増えやすい腸内にしたいものです。乳酸菌は女性ホルモンの合成を助ける役割がありますので、美肌や若返りといった女性特有の悩みにも直結しているのです。腸の調子が悪ければお腹だけでなく、見た目の老化にも表れてしまいます。女性ホルモンが減ると頭髪の抜け毛などが深刻化します。シワにも影響します。美容と健康の為にも腸内の健康状態には、注意を払いましょう。

乳酸菌の整腸作用で癌を抑制する

腸の中が悪玉菌で満たされると、発がん性物質のアンモニア・アミン・二次胆汁酸・ニトロソアミンなどを作り出します。こうした発がん性物質が腸の外に排出されないまま滞留し、そのうち全身に血液から発がん性の毒素が巡ることになります。発がん性物質は全身を巡るので全身どこにでも、癌は発症します。免疫力が弱くなり、衰えたときが一番危ない時です。

特にその中でも、発がん性物質に一番晒されている大腸に発症する事が多くなります。そうならないためにも、腸内環境をいつも健康に保つ必要があります。乳酸菌は、整腸作用が有りますから悪玉菌を駆逐します。もし、臭いおならが出て、常に下腹部が張るようならそれは、悪玉菌が産生させたメタンガスや硫化水素を含むものです。こうした異常なおならが出てきたら、今が乳酸菌を使うチャンスと思い乳酸菌を摂取しましょう。市販されている乳酸菌由来の整腸剤などが、良いのでまずは、こうしたものを飲みましょう。

整腸作用に良い乳酸菌の摂り方

もしお腹の具合に不安が有るなら、乳酸菌はいつでも好きなだけ飲んでいいでしょう。乳製品アレルギーでなければ、具合の悪い時こそサプリやヨーグルトなどを駆使して腸内に乳酸菌を取り込むべきです。なぜなら乳酸菌は熱に弱いので、その殆どが胃酸で溶けて死菌になってしまうからです。死菌も生菌同様に強い整腸作用がありますが、どうせなら生菌も死菌と同じくらい腸に送り込みたいですね。その性質や役割が違う以上多くの生菌・死菌が必要になります。

まず生菌は、腸の中で乳酸や酢酸を作り悪玉菌の増殖を阻みます。生きたまま腸に届く乳酸菌は、腸の中でしっかりと働いてくれます。死菌の方は悪玉菌によって傷ついた腸に張り付いて、補修します。腸壁から血液へと発がん性物質が流れ込むのを食い止めます。役割が違うからこそ、両方必要です。死菌の場合は、外部から取り入れる乳酸菌のほとんどを担いますから、意識せずともそうなります。問題は生菌です。

胃酸に溶けてしまう乳酸菌は、胃酸が多少なるとも減っているときに摂取するのが理想です。もし乳酸菌を生きたまま生菌として、腸へ届けたいのなら、食後の胃酸が少ない時の摂取しましょう。より多くの乳酸菌が生きたまま届きやすくなります。また、胃酸に強い乳酸菌も多数発売されていますから、そうした胃酸に強い乳酸菌サプリメントを使用するのも効果があります。

乳酸菌の飲み方にも気をつければ、整腸作用も自然と高まって行きます。常に腸に対して敏感な姿勢を持ち続けたいものです。

乳酸菌でアレルギー改善に導く

アレルギーの仕組み

アレルギーとは、簡単に言うと免疫機能の誤作動です。本来は攻撃しなくても良いのに、ダニや花粉やハウスダストなどを危険な有害物質と認識し、過剰防衛に出てしまうことで、様々なアレルギー症状を発症します。

本来、身体に危険な異物が侵入することで、免疫は指令を出し、抗体を作ります。抗体は異物と結合して、雁字搦めにします。そこへ、免疫細胞のマクロファージやナチュラルキラー細胞が集合し、異物を抗体ごと分解します。

しかし、この抗体が花粉など本来は無害なものを敵とみなし攻撃行動を起こすと多様なアレルギー症状が出てきます。例えば、ヒスタミンを出すことで鼻水やくしゃみを止まらなくして、異物を出そうとします。花粉症に限らず、アレルギーはこうした、免疫の誤作動が起きているという事なのです。

まずアレルゲンを排除した生活は、基本になります。ハウスダストなどの埃もアレルギーを発症させますし、ダニなどもアレルギーの原因になります。掃除の徹底などの、外部のアレルゲン対策を講じたら、次は体内のアレルゲン対策です、体内とは、腸内環境を指します。

腸内環境とアレルギーは密接

驚くべきことですが、人間の腸には重さにして1kgもの細菌が生息しています。すべてが善玉菌と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌ならば、問題ないのですが、腸内には悪玉菌と言われる腸内環境を悪化させていく菌や、日和見菌という、どっちつかずの菌と大きく分けて3種類の菌が犇めいています。

その割合は善玉菌15%、悪玉菌10%、日和見菌75%と言われています。あれ?善玉菌も悪玉菌も少ないのだな?と思われたでしょうが、腸内の日和見菌は、強いほうに迎合する特質を持っています。健康な人の腸は善玉菌が優勢なので合わせて90%以上が善玉菌で保たれています。しかし、怖いのは悪玉菌が優勢になった場合です。普段は10%しかいない悪玉菌が、善玉菌を凌いで例えば16%になった場合合わせて91%が悪玉菌になってしまいます。

ほんの少しの事で、腸内環境は乱れます。ストレスで自律神経が乱れるだけで便秘になり、悪玉菌が優勢になります。悪玉菌が優勢の時間が長くなると、腸内には悪玉菌で跋扈し、腐敗が進んでいきます。腐敗した便から排出される発がん性物質のアンモニア、アミン、硫化水素が腸壁から吸収され、血液に浸透し血液を通じて全身にめぐります。

それだけではありません。発がん性物質を代表する有害物質が、腸壁を傷つけていくと、そこにアレルゲンが侵入します。アレルゲンが侵入することで、アレルギーの症状が出てくるのです。現にアトピー患者を調査すると、ほとんどの患者に慢性便秘などの、あきらかな自覚症状があります。また、便秘を改善するように治療するとアトピーも緩和していくことが分かっています。

アレルギーと腸内環境を切り離して考えずに、密接に関わり合いがあるのだと自覚して対処すると、アレルギーは改善されていくのです。

乳酸菌はアレルギー予防に効果あり

アレルギーを緩和していくには、腸内環境の改善が急務であると、分かったと思います。アレルゲンの侵入経路をまずは、閉ざす必要があります。乳酸菌は生菌と死菌があります。もともと胃酸に弱い乳酸菌は、胃でその殆どが死滅してしまいます。死滅した菌を死菌と言いますが、この乳酸菌の死菌は、傷ついた腸壁を修復し塞ぐ材料になります。これ以上腸壁が悪玉菌で傷つきボロボロにならないように、防御するクッションのような役割をします。

また、一部の善玉菌は乳酸菌の死菌を餌にしますので、善玉菌を元気にし増やす事もしてくれるのです。乳酸菌は生きたまま腸に届かなくては意味がないと乳酸菌に懐疑的な意見もありますが、死んだ菌であっても乳酸菌は腸内環境と整えるための大切な役割を担っているのです。

また生菌も、腸内には生息しています。全体の0.1%に過ぎない数ですが、確かに大腸で生息しているのです。この大腸に生息する乳酸菌はその名のとおり、乳酸を生成します。乳酸が腸に増えると、腸が弱酸性化していきます。すると悪玉菌は次第に弱り、勢力を拡大できずに抑制されていきます。

腸内に棲む善玉菌の99%も乳酸を作りますが、その量は乳酸菌には及びません。善玉菌が劣勢であるときには、乳酸菌の活躍があればこそ何とか悪玉菌と戦うことができるという状況になります。乳酸菌はビフィズス菌に代表される善玉菌をサポートする大切な役割を受け持っているのです。

乳酸菌はビフィズス菌とは違い、あらゆる発酵食品に含まれています。体内に数が少なく体の中の乳酸菌では足りない場合は、外から摂取することが可能なのです。

最初にも述べましたように、外部から摂取した乳酸菌でも殆どが胃酸で死菌になります。しかし死菌自体にも大きな役割があり、さらに生き残って腸に届いた生菌は、腸内で乳酸を作り出し、99%の善玉菌のサポートに努めます。

乳酸菌の活躍で他の善玉菌も元気になり、悪玉菌との数が逆転するとアレルギー症状も改善していくのです。アレルギー症状に悩んでいる人は、是非乳酸菌を摂取してみて
ください。ビオフェルミンのような整腸剤には生きたまま腸に届く乳酸菌が配合されています。アトピー患者がビオフェルミンを飲み続けていたら、アトピーが治ったという報告
もあります。他にも多くの乳酸菌食品が販売されています。

種類は気にせずにまた、殺菌と記してある乳酸菌飲料などにも気を止めずに飲んでみてください。殺菌と記してある乳酸菌飲料は味を一定に保つために、乳酸菌を死菌にしていますが、説明したように効果は生菌に匹敵します。乳酸菌でアレルギー改善は夢物語でもなんでもありません。科学的に根拠のある改善方法なのです。今日からでも早速試して欲しいと思います。

乳酸菌は下痢にも効果がある

下痢も便秘も原因は同じ

乳酸菌はお腹に良い菌だと言われています。しかしイメージとしては便秘にこそ良いという印象の方が、より強いのではないでしょうか。お腹の中で便が硬くなり詰まっているな、という時にこそ乳酸菌を摂取する人が多いような気がします。それは、乳酸菌の持つ整腸作用による効果を期待するものなので正しい判断です。と同時に、整腸作用があるというならば、下痢にだって効果があるはずなのです。 腸内が不安定になると、便秘にもなりますが下痢にもなります。自律神経が乱れると、腸はすぐにその影響を受けますから、便秘になる人もいますし下痢になる人もいます。過敏性腸症候群は、腸内細菌のバランスが崩れる事により引き起こされます。この過敏性腸症候群は、便秘や下痢を繰り返す症状がおきるのです。 腸内のトラブルは、意外と簡単なのです。腸内のバランスが崩れることで悪玉菌がのさばり始めて、便秘や下痢を起こすのです。この悪玉菌をどうにかすれば、腸内は元に戻って行くのです。その為には、生活の中で自律神経が乱れないように、ストレスを無くす努力をしたり、規則正しい生活を送る事で腸内環境を整えることです。腸は精神状態や環境左右されやすい、ナイーブな器官なのです。

乳酸菌で下痢を治そう!

過敏性腸症候群の場合は便秘や下痢を繰り返すので、便秘だと思い下剤を飲んだり、下痢だと思い下痢止めを飲むのは危険です。腸内が安定していないので益々便秘や下痢が悪化してしまいます。基本は腸を健康な状態に戻す事なのです。 乳酸菌は、整腸作用が強みです。便秘にも下痢にも効果があります。その時に自分の辛い諸症状に対応するので、乳酸菌の入った整腸剤や、乳酸菌サプリを摂取しましょう。乳酸菌は、乳酸を大量に生成しますので、蔓延る悪玉菌を抑制します。また、死んだ乳酸菌はビフィズス菌の餌になりビフィズス菌を助けることも分かっています。 乳酸菌は生きたまま腸に届くタイプや、殺菌された状態の乳酸菌飲料がありますが、そのどちらにも腸を安定化させる効力がありますから、こだわらずに試してみて欲しいと思います。下痢の時には脱水症状も起こしやすいので水分補給のつもりで、糖分が控えめの乳酸菌飲料などを飲むのもおすすめです。 自分の知らないところで、乳酸菌は腸に届くとそれが生菌であれば、乳酸を作り腸内を安定化させるために邁進しますし、死菌であれば腸壁を保護したりビフィズス菌の栄養素になり、腸を守ります。1週間も飲み続ければ、確実に下痢の症状は緩和されて行くことでしょう。

何故か乳酸菌を摂取すると下痢に?

しっかりと乳酸菌を摂取しているのにも関わらず、下痢になってしまうという人もいます。この場合は、効きすぎていると思ってください。乳酸菌は確実に腸内で、仕事をしているのですがその仕事ぶりが加熱してしまい逆に腸の働きを強化してしまっているのです。 赤ちゃんの腸内は95%が善玉菌です。なので、便も黄色みがあり酸味のある匂いがします。これは便に混入しているものが、ビフィズス菌や乳酸菌だからなのです。お腹の中で乳酸菌の作る乳酸や、ビフィズス菌の作る酢酸がお腹の中で働いて役目を果たしたからこそ、黄色から茶色の便が出て酸臭があるのです。 しかし乳酸菌は働きすぎると、腸の蠕動運動を激しく促進してしまいます。すると、返って便意が強まり下痢が悪化してしまうことがあります。しばらく量を調節しながら、飲み続けていくと腸の方もバランスを取り戻して行きますので、継続して摂取していくことをおすすめします。下痢の時には無理に固形物を食べるのと腸に負担をかけてしまいますから、サプリなどで摂取してもいいと思います。

下痢になったら試すこと

下痢になったら、乳酸菌を摂取しながらも他に試して欲しい事があります。乳酸菌の効果も即効性がある場合と、そうでない場合があります。個々の体質から乳酸菌の効果の効き目に差が出てしまいますから、焦らずに乳酸菌と共に試すことで、より下痢を緩和させて行けるようにしましょう。乳酸菌との相乗効果で下痢の治りが早くなります。 ・お腹を温める 腸が冷えると下痢になったり、便秘になります。夏は冷たい飲み物を飲む機会が増えます。さらに室温もエアコンで冷えている場合が多いので下痢の症状が悪化します。兎に角お腹を温めることが必要です。夏でもカイロなどを用意して下腹部を温めましょう。お風呂の中でも、お腹を温めることを大切にしてください。カラスの行水にならずに、じっくりとお腹に熱が行き渡るようにしてほしいと思います。 ・リンゴを食べる リンゴには整腸作用のあるペクチンが含まれています。乳酸菌の配合されたヨーグルトの中にすりおろしたリンゴを混ぜて食べると下痢の症状が緩和されます。リンゴもヨーグルトも腸内を正常化させるのに、効果があります。リンゴは加熱しても栄養成分が損なわれませんので、焼きリンゴなどにしてヨーグルトサワークリームなどを添えてもいいかもしれません。 ・油っぽいものを避ける 肉類などを油で炒めたものなどは、腸管に負担をかけてしまいます。下痢の時には、無理に食べ物を食べずに消化の良いものを摂取するのが鉄則です。脂身の多い肉類などは、下痢の症状を悪化させる一方で下痢の症状が改善されたあとは、便秘を誘発することになります。油っぽいものや肉類は程々にして、過剰に摂取するのは弱った腸には百害あって一利なしと心得てください。

乳酸菌でニキビを治そう

大人ニキビは腸内環境の悪化で作られる

ニキビは青春の象徴といいます。10代~20代のニキビは心配が要らない類のものですが、30代以降のニキビは通称大人ニキビと言われています。主な原因としては、ストレスや睡眠不足、それにホルモンの乱れです。こうした肉体と精神の衰えを感じる時に、腸内環境も悪化しています。加齢に伴い腸内にある善玉菌も衰えて減少していきます。 体の免疫力が落ちてくるとさらに善玉菌は弱くなります。腸内バランスが崩れて、乳酸菌を始めとする善玉菌が悪玉菌に圧されて、有害物質が腸に充満していくと、その毒素は体を巡り、皮膚に汗として分泌されます。この毒素が皮膚に炎症を起こしてニキビを増やしていきます。 腸内環境が良い時には、汗はサラサラしていて無臭ですが、有害物質を巻き込んで出る汗はドロッとしてベタつくのが特徴です。そして汗や皮脂が独特の生臭いような臭みを帯びてきたら、赤信号です。その汗は腸から運ばれた、発ガン性物質を含む有害物質なのです。いくら洗顔しても一向に治らないのは、問題が皮膚だけにあるのではないからです。 まずは、腸内環境を正常に戻して行くことが先決になります。腸内環境が整い排便がスムーズになると、自然とニキビの数も減り、ニオイのある汗をかかなくなります。その変化は非常に大きなものです。いかに、腸の健康が肌の健康と直結してうるのかが、分かると思います。

乳酸菌で体質改善をしてニキビ撃退

腸には元々100兆個もの細菌がひしめき合い、まるでお花畑のような様相を極めています。これを腸内フローラと呼びます。善玉菌が優勢であれば、腸内はいつでも健康で体全体も健康に保つことができます。しかし、加齢によって年々腸内環境は悪くなり、そのままにしていたら悪玉菌が優勢になってしまいます。待っているばかりでは健康は徐々に損なわれて行きますから、体質改善の意味も込めて、積極的に善玉菌を摂取する必要があります。 乳酸菌を食事の中に取り入れることで、腸内環境を整えましょう。乳酸菌が腸内に届き、悪玉菌が増殖するのを食い止めてくれます。ニキビを治したければ、腸内環境を整え 体質改善することが、一番早い近道なのです。

ニキビに効果のある乳酸菌とは?

乳酸菌であれば、腸にもたらす効果は同じなので、基本的にどの乳酸菌でも健康に良く腸にも皮膚にも良いのですが、ニキビという難敵により効果的に効くものがあったら、その乳酸菌を摂取したいですね。皮膚に効果のある乳酸菌を紹介したいと思います。ピンポイントでニキビに効果があるわけではありませんが、乳酸菌の中では最も女性のニーズに応えた乳酸菌と言えます。肌の若返りを促進することで代謝が良くなりニキビもなくなることでしょう。 ・LB81乳酸菌 最もポピュラーなプレーンヨーグルトに含まれているのが、LB81乳酸菌です。2011年にフランスのパスツール研究所が、日本の研究機関との共同研究の中発見したのがLB81乳酸菌です。肌の老化防止を促し、美肌効果を認めることができました。ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株を組み合わせたものがLB81乳酸菌です。肌の弾力性もアップしますので、ニキビ改善だけではなく見た目の若さにも着目できる、女性には嬉しい乳酸菌です。腸内にも乳酸菌特有の良い働きを行いますので、善玉菌を増やし皮膚へのダメージを食い止めます。

ページの先頭へ