乳酸菌革命は16種類の乳酸菌がたっぷり!これなら便秘もバッチリです!

→ 乳酸菌革命 公式サイトはこちら

毎日、なんとなく体がだるいと思うことがありますね。 その時、どこが悪いのかわからないこともあります。 その何となく体調がすぐれない、元気がでないと思っている時、便秘になっていませんか? 便秘になっていると、体が重く感じたり、ストレスを受けやすくなります。 その結果、何となく調子が悪いという、そんな状態になってしまうのです。 そのため、その便秘をなんとか改善させたいですね。 そんな時、乳酸菌を16種類も含んだ、とても良いサプリがあります。 それは、乳酸菌革命です。 乳酸菌革命のメリットについてご紹介します。

三大乳酸菌等16種類を配合

乳酸菌を摂る時、ヨーグルト等で取ることがありますね。 その時、このヨーグルトを食べても効き目がないと思うことも。 そんな時、そのヨーグルトは、その人に合っていないかもしれません。 そんな風に、自分であっている乳酸菌と見つけることは、容易ではありません。 その点、乳酸菌革命は16種類の乳酸菌が含まれています。 そのため、自分にあった乳酸菌がありますね。 毎日摂ることで、便秘を改善させる効果が期待できます。

生きたまま腸まで届く乳酸菌

乳酸菌は、食べることができたとしても、しっかりと腸まで生きたまま届かない限り、ほとんど効果を感じることがありません。 そのため、乳酸菌を取ったからといっても安心することができないのです。 生きたまま届かすことが大事なのです。 乳酸菌革命は、生きたまま、大腸まで届くのでその効果を感じやすくなっています。

添加物不使用

そのサプリは、毎日続けて取ることが大事です。 それは、体調を整えるために、お腹の調子を整えることが出来るからです。 お腹の調子が整うことによって、体調もバッチリとなるのです。 そのことから、毎日摂ることが望まれます。 しかし、毎日となるとその安全性が気になりますね。 口に入れるものなので、尚更注意が必要です。 そんな時、この乳酸菌革命は添加物を含んでいないので、安心して飲むことができます。 毎日飲んで、健康的な体つくりを目指しましょう。

定期コースがお得

毎日摂ることが望まれる時、その価格が気になります。 その時、少しでも安く買いたいですね。 そんな時、乳酸菌革命の定期コースがとてもお得です。 とても格安となっています。 また、送料無料というところも嬉しいですね。 初回特典として、ルイボスティもプレゼントとしてもらうことができます。 この機会に、健康的な毎日を目指して、続けることができる乳酸菌革命を始めませんか?

まさに乳酸菌サプリの革命児!まずは1ヶ月からお試しを!

↓↓乳酸菌革命 公式サイトはこちら↓↓

一言でいえばこのサプリメントは従来のものとは比べ物になりません。 飲み始めてから早ければ1週間ほどで効果を感じることができるかもしれません。 食生活には気をつけて日ごろから水筒を持ち歩き、こまめに水分も摂取していたものの、 体質のせいなのか昔から便秘には悩まされていました。

ひどいときには一週間以上のお通じがなく吹き出物で肌は荒れますし、 おなかの張りで体をねじるような動きだけでなく、 階段をのぼるために腿を上げるだけでもお腹の張りで動きが制限されることに悩まされていました。

しかも普段は出て欲しいときには出ないのに、 極度な緊張を強いられる場面や容易にトイレに行けない状況などでは、 逆に便意を覚えるという状況を繰り返すので、 プレゼン前といったビジネスなど重要な場面のある前日には 下剤や浣腸などで強制的に排出ということを繰り返していたせいか、 薬に頼るのが当たり前のような体が出来上がってしまいました。

それではいけないと何年も毎日ヨーグルトや有名な乳酸菌飲料を摂取することを習慣付けていましたが、 ある程度の効果は実感できたものの、 「乳酸菌革命」ほどに効果を実感できるサプリメントは正直無かったです。

40種類をこえる乳酸菌という成分もそうなのですが、 やはり胃酸で殆どが死滅してしまう乳酸菌がしっかりと腸まで届くようになっているのが 効果の決め手なのかというイメージが個人的には強いです。

また、会社勤めををしている人間にとっては朝夕2回という摂取量も地味に思えるかもしれませんが、 重要なポイントの一つです。 ピルケースを常備して昼時にサプリを摂取していると、 自然な食事で栄養摂取が望ましいと年長者にしたり顔の説教を受けたり、 健康食品のネットワークビジネスを副業にしている 派遣社員さんなどに声をかけられるといったこともなくなります。

さらにいうと、ヨーグルトや乳酸菌飲料は糖分やカロリーもあるので、 若い頃はいいのですが年齢を重ねていくとお腹の周りの脂肪にも影響が出てきて メタボリック検診の胴囲の検査にも引っかかるのですが、 乳酸菌革命に切り替えてから胴囲が減って生活指導を受けなくなったこともあり、 二重の意味でストレスがなくなりました。 おかげ様で乳酸菌革命とはこれからも長い付き合いになりそうです。

乳酸菌革命公式サイト

乳酸菌を上手に摂取してアトピー体質を改善させる

10代の頃からアトピー体質で本当に悩んだ時期もありました。 特に10代の思春期はまだこの痒みが何から来ているんだようという感じがありまして、当時はアトピーと言葉がそれ程認知されていなかったので、私自身も関節や、体の一部分に激しい痒みや赤みが出来る湿疹という認識程度しかありませんでした。

それから時が流れて20代で出産をすると湿疹や痒みが更に酷くなる事がありました。 その時に初めてアトピーとして病院で治療を受けることになりました。

当時は単に痒みや湿疹をとめる薬が処方されるだけで、アトピーの根本的な治療はしていなかった気がします。 その後、段々とアトピー体質の人は腸内環境が良くないと人が多いこということが分り(胃腸は弱い)胃腸を整えていけばアトピー体質は改善していくをモットーとしてるクリニックへ通うようになりました。

私は10代の頃から思えば便秘体質で排便が3~4日ない事がざらだということに気が付きました。 自分ではそれは当たり前のことだと思っていたので、特に便秘体質だと感じていませんでしたが、胃腸を整えてアトピー体質を改善するという治療をしてくれるクリニックでは立派な便秘体質だと断言されて、まずは腸内を整える治療をしました。

食後に消化剤を処方されると共に毎日必ずヨーグルトを食べる様に言われました。 (無糖のもの) 毎日ヨーグルトを摂取する事で腸内の環境が整うと便通はがり、アトピーによる痒みも確実に違ってくるというものでした。

毎日ヨーグルトを食べられない事があるので、私は乳酸菌のサプリメントやドリンクを頼る事もありましたが、乳酸菌を摂取するようになってからはかなり腸内の環境が整ったのか、毎日便通はあるようになりました。 それと共に本当に痒みや湿疹が軽減されていくようになりました。

それから何年間も毎日必ず乳酸菌を摂取する生活習慣をするようになってから、本当にアトピー体質とは言えないような肌に質になっていったのです。

勿論ヨーグルトを食べる日も多いですが、相変わらず乳酸菌サプリや粉末などにも頼りながら 毎日とにかく乳酸菌を必ず摂取するようにしています。 現在はアトピーでは病院のお世話になる事は全くありません。

便通も1日くらい出ない事もありますが、あまり神経質にならずに、 そんな時は少し多くの乳酸菌を摂取できるようにして便秘に繫がらないように工夫をしているので、 以前の様に3~4日も出ない事はまずありません。 これからも上手に乳酸菌を摂取したいと思います。

乳酸菌革命公式サイト

乳酸菌で下痢の予防

乳酸菌は便秘の解消だけでなく、下痢のときにも働いてくれます。

便秘は便がでにくい状態、下痢は水様便が頻繁にでる状態で逆の状態ですが、 どうして便秘にも下痢にも働くのでしょうか。

乳酸菌の整腸作用

小腸や大腸の内容物は、腸の蠕動運動によって水分や栄養素を吸収しながら、 ゆっくりと肛門に向かって進みます。

理想的な便の水分量は60~70%ほど、半練り状の固さです。

水分量が90%以上になると下痢になります。

乳酸菌には整腸作用があります。乳酸菌は糖分を分解して乳酸を作りだします。

乳酸が腸を刺激して腸の蠕動運動が促されます。

乳酸によって腸内が酸性になります。

悪玉菌はアルカリ性の環境を好むので、酸性の腸内では悪玉菌が減少します。

下痢のときは腸内環境が乱れていることが少なくありません。

善玉菌と悪玉菌のバランスが整い腸内環境が改善されることで、 便秘だけでなく下痢の改善にもなります。

乳酸菌の摂り方

乳酸菌が多い食品といえばヨーグルトを思い浮かべるのではないでしょうか。

下痢には食中毒や食べ過ぎが原因の急性下痢と、 ストレスが原因といわれる慢性下痢の2種類があります。

ヨーグルトを食べていいのは慢性下痢のときです。

急性下痢のときは胃腸を休める必要があるので、固形物であるヨーグルトは控えます。

急性下痢が回復してきたら、消化によいヨーグルトを食べるのもよいでしょう。

慢性下痢の場合は、普段から乳酸菌を摂取して腸内環境を整えておくと下痢の予防になります。

ただし、冷たいヨーグルトは下痢を悪化させる可能性があるので、 一口ずつゆっくりと食べるようにしましょう。

ホットヨーグルトもおすすめです。

温かいものならお腹が冷えて下痢がひどくなる心配がありません。

容器に100gのヨーグルトを移し、ラップをしないで電子レンジで1分加熱します。

温かいと酸味が強くなるので、食べにくいときははちみつを加えてみてください。

ヨーグルトが苦手な方はサプリメントで摂取するのもよいでしょう。

サプリメントならお腹が冷えることがありません。

摂取の注意点

ヨーグルトの中には甘味料としてキシリトールが配合されているものがあります。

キシリトールはお腹をゆるくすることがあるので、 下痢のときはキシリトールを配合していないヨーグルトを選びましょう。

乳酸菌の整腸作用は摂り続けることで得られます。

下痢がひどいときだけでなく、普段から摂取するようにしておけば予防になります。

ヨーグルトで摂取する場合は、1日100g以上を目安に摂取してください。

ページの先頭へ